税理士の選び方

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

税理士はパートナーであると前項で示しましたが、良きパートナーになるには自分に合ったパートナーを選ぶ必要があります。まず自分がどのような税理士(仕事)を求めているか、そこを考えておかないといけません。税理士は記帳代行を行う税理士と行わない税理士がいます。費用としては行わないほうが安価ですが、記帳はかなり煩わしい作業ですし、会社の規模が大きくなれば記帳の量もかなりのものになります。仕事の規模や要する時間、それらをトータルで考えるべきでしょう。税理士の中にはこの記帳代行を必ず行うという所もあります。その場合は選択肢から外さないといけませんので、見積によく目を通すようにしましょう。

会社というのは基本的にサービス業が多く、たとえ技術職であっても営業というサービスが付きまといます。税理士はサービス業ではありませんが、こちらはサービスが必須です。そのためサービス業の目線というのは大切であり、たとえ税理士であってもその目線をもっている人というのは重要です。仕事は数字は大切ですが、数字だけではありません。顧客(自社)にとって、そしてその会社の顧客へという目線がなくては会社の発展には繋がらないのです。このような税理士に会うには、できるだけ多くの人に会うしかありません。そのためにも会社設立後ではなく、設立前に探しておく必要があるのです。

参照サイト⇒https://www.adiretax.jp
会社設立支援を行っている≪税理士法人アディーレ会計事務所≫です。