会社設立と税理士

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

会社で税理士に頼む場合、設立前がいいのか、それとも設立後がいいのかという問題があります。設立時にかかる費用の面だけを考えると、設立後のほうがお得だといえるのですが、それはあくまで費用だけです。

個人で株式会社を設立する費用は、定款認証印紙代4万円、定款認証手数料5万2000円、登録免許税15万円で合計24万2000円がかかります。これを税理士に頼むとなると、定款認証印紙代が無料となる代わりに、司法書士手数料と税理士手数料がそれぞれ3~5万円かかり合計で26万2000円~30万2000円になります。2~6万円ほど自分で行ったほうがお得だといえるのですが、初めてのかたですといろいろと調べるのに時間がかかりますし、手間もかかります。会社設立時は仕事の面において忙しい時期にあるにもかかわらず、慣れないことを行わなくてはいけないという時間的にも精神的にも余裕が欲しいものです。その負担が2~6万円で買えるのですから、費用以上のお得だといえるでしょう。

会社設立後は仕事を軌道に乗せなくてはいけませんので、仕事以外のことは考えたくないのが実情です。経営者は実務以外、特に資金のことを考えるのが仕事ともいえるのですが、設立時はやはり仕事のことだけを考えていたいものです。これらを踏まえると、必要になって慌てて探すより、設立前に余裕をもって探したほうがよろしいでしょう。税理士は確定申告のときだけのものではありません。次の項では税理士の仕事について触れていきましょう。