税理士の選び方

税理士はパートナーであると前項で示しましたが、良きパートナーになるには自分に合ったパートナーを選ぶ必要があります。まず自分がどのような税理士(仕事)を求めているか、そこを考えておかないといけません。税理士は記帳代行を行う税理士と行わない税理士がいます。費用としては行わないほうが安価ですが、記帳はかなり煩わしい作業ですし、会社の規模が大きくなれば記帳の量もかなりのものになります。仕事の規模や要する時間、それらをトータルで考えるべきでしょう。税理士の中にはこの記帳代行を必ず行うという所もあります。その場合は選択肢から外さないといけませんので、見積によく目を通すようにしましょう。

会社というのは基本的にサービス業が多く、たとえ技術職であっても営業というサービスが付きまといます。税理士はサービス業ではありませんが、こちらはサービスが必須です。そのためサービス業の目線というのは大切であり、たとえ税理士であってもその目線をもっている人というのは重要です。仕事は数字は大切ですが、数字だけではありません。顧客(自社)にとって、そしてその会社の顧客へという目線がなくては会社の発展には繋がらないのです。このような税理士に会うには、できるだけ多くの人に会うしかありません。そのためにも会社設立後ではなく、設立前に探しておく必要があるのです。

参照サイト⇒https://www.adiretax.jp
会社設立支援を行っている≪税理士法人アディーレ会計事務所≫です。

税理士の仕事

税理士の仕事で最も知られていることで、税務申告があります。税理士はなにも会社だけを相手にしている仕事ではありません。個人であっても引き受けています。そのため個人から会社へと転換したときに、その手続きなども引き受けてくれます。税理士は税と名はついていますが、何も税金に関することだけを仕事にしているわけではありません。

会社(個人)の資金に関すること全般を引き受けていますので、月次決算書類なども詳しく提出することも可能です。そのため銀行などに融資を頼むとき必要書類に焦ることはありませんし、その融資が会社にとって適切な資金(返済など)を相談することも可能です。また先に述べたように、個人から会社への転換を数多く見ていますので、そのほうが適切かどうかの判断も相談することができます。税理士は会社(個人)の経営状態を熟知しているパートナーと考えておいて間違いありません。

また税理士は節税は行ってくれますが、脱税は行いません。税の素人ではこのラインが非常に曖昧であり、経理ソフトですと逆にハッキリとし過ぎるため記入欄の区別が難しいものがあります。税理士は人対人ですので、目や耳(会話)によって判別することができますので、間違いがないのです。

会社設立と税理士

会社で税理士に頼む場合、設立前がいいのか、それとも設立後がいいのかという問題があります。設立時にかかる費用の面だけを考えると、設立後のほうがお得だといえるのですが、それはあくまで費用だけです。

個人で株式会社を設立する費用は、定款認証印紙代4万円、定款認証手数料5万2000円、登録免許税15万円で合計24万2000円がかかります。これを税理士に頼むとなると、定款認証印紙代が無料となる代わりに、司法書士手数料と税理士手数料がそれぞれ3~5万円かかり合計で26万2000円~30万2000円になります。2~6万円ほど自分で行ったほうがお得だといえるのですが、初めてのかたですといろいろと調べるのに時間がかかりますし、手間もかかります。会社設立時は仕事の面において忙しい時期にあるにもかかわらず、慣れないことを行わなくてはいけないという時間的にも精神的にも余裕が欲しいものです。その負担が2~6万円で買えるのですから、費用以上のお得だといえるでしょう。

会社設立後は仕事を軌道に乗せなくてはいけませんので、仕事以外のことは考えたくないのが実情です。経営者は実務以外、特に資金のことを考えるのが仕事ともいえるのですが、設立時はやはり仕事のことだけを考えていたいものです。これらを踏まえると、必要になって慌てて探すより、設立前に余裕をもって探したほうがよろしいでしょう。税理士は確定申告のときだけのものではありません。次の項では税理士の仕事について触れていきましょう。